1. ホーム>
  2. 共用設備検索

共用設備

共用設備検索結果

※装置名をクリックすると詳細情報が閲覧できます

走査型硬X線光電子分光分析装置

メーカー名
アルバックファイ
型番
PHI Quantes
仕様
・硬X線(Cr Kα線)と軟X線(Al Kα線)の単色化2線源を搭載
・ガスクラスターイオン銃(GCIB)
・加熱・冷却・電圧印加機構搭載
・トランスファーベッセル付属
機器利用単価
大学・公的機関6,000円/時間
中小企業10,000円/時間
大企業20,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

電界放出形電子線プローブマイクロアナライザー装置

メーカー名
日本電子(株)
型番
JXA-8500F
仕様
・電界放出形電子銃
・加速電圧:1~30 kV
・照射電流:10 pA ~500 nA
・測定可能元素:Be~U
・最大試料サイズ:100 x 100 x 50 mm
機器利用単価
大学・公的機関6,000円/時間
中小企業10,000円/時間
大企業20,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

誘導結合プラズマ発光(分光)分析装置(マルチ型)

メーカー名
アジレント・テクノロジー(株)
型番
720 ICP-OES
仕様
・プラズマ観測方向:アキシャル
・分光器:エシェルクロス分散ポリクロメータ
・検出器:CCD検出器
・測定波長範囲:167~785 nm
・プラズマ・イオン種:Ar
・プラズマ周波数:40 MHz
・RF出力:~1.5 kW
機器利用単価
大学・公的機関3,000円/時間
中小企業5,000円/時間
大企業10,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

誘導結合プラズマ発光(分光)分析装置(高分解能型)

メーカー名
(株)日立ハイテクサイエンス
型番
SPS3520UV-DD
仕様
・プラズマ観測方向:ラジアル
・分光器:ツェルニ・ターナ型
・検出器:光電子倍増管型
・測定波長範囲:185~850 nm(L分光器)、130~460 nm(第2分光器)
・プラズマ・イオン種:Ar
・プラズマ周波数:27 MHz
・RF出力:~1.6 kW
機器利用単価
大学・公的機関3,000円/時間
中小企業5,000円/時間
大企業10,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

誘導結合プラズマ発光分光分析装置(マルチ型・デュアルビュー)

メーカー名
アジレント・テクノロジー株式会社
型番
Agilent5800
仕様
・プラズマ観測方向;アキシャル、ラジアルに切替可
・分光器:エシェルクロス分散ポリクロメータ
・検出器:CCD検出器
・測定波長範囲:167~785 nm
・プラズマ・イオン種:Ar
・プラズマ周波数:27 MHz
・RF出力:~1.5 kW
機器利用単価
大学・公的機関3,000円/時間
中小企業5,000円/時間
大企業10,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

微小部蛍光X線分析装置

メーカー名
アメテック株式会社
型番
ORBIS PC
仕様
・X線源:マイクロフォーカス型Rh管球
・X線出力:電圧~50 kV、電流~1 mA
・X線集光部:30 μm径ポリキャピラリー
・X線検出器:液体窒素レス型SSD検出器
・測定可能元素種:Na~U
機器利用単価
大学・公的機関3,000円/時間
中小企業5,000円/時間
大企業10,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

走査型オージェ電子分光分析装置

メーカー名
日本電子(株)
型番
JAMP-9500F
仕様
・ショットキー電界放射電子銃
・空間分解能:<8 nm
・加速電圧:0.5~30 kV
・照射電流:0.1~100 nA
・測定元素:Li~U
・最大試料サイズ:14 x 14 x 5 mm
・半球型アナライザー搭載
機器利用単価
大学・公的機関6,000円/時間
中小企業10,000円/時間
大企業20,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

X線光電子分光分析装置

メーカー名
アルバック・ファイ(株)
型番
Quantera SXM
仕様
・走査型単色Al Kα集束X線源
・最小X線ビーム径:<10 µm
・X線源パワー:1~100 W
・エネルギー分解能:<0.5 eV(Ag 3d5/2)
・最大試料サイズ: 60 x 60 x 5 mm
機器利用単価
大学・公的機関6,000円/時間
中小企業10,000円/時間
大企業20,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

酸素窒素水素分析装置、炭素硫黄分析装置

メーカー名
LECOジャパン合同会社
型番
ONH836、CS844
仕様
[酸素・窒素・水素分析装置]
加熱方式:インパルス加熱
検出方式:赤外線検出方式/熱伝導度検出方式
分析範囲:
 [酸素]10 ppm~3%
 [窒素]10 ppm~3%(試料重量1 g時)
 [水素]10 ppm~2500 ppm(試料重量1 g時)

[炭素・硫黄分析装置]
加熱方式:高周波加熱炉
検出方式:赤外線検出方式
分析範囲:
 [炭素]10 ppm~6%
 [硫黄]10 ppm~6%(試料重量1 g時)
機器利用単価
大学・公的機関3,000円/時間
中小企業5,000円/時間
大企業10,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション

イオンクロマトグラフシステム

メーカー名
サーモフィッシャーサイエンティフィック(株)
型番
ICS1600
仕様
・ポンプ:流量設定範囲:0.05~5.00 mL/min
・電気伝導度検出器検出範囲:0~15000 µS
・デガッサ:真空脱気方式
・カラムヒーター温度設定範囲:30~60℃(室温より+5℃)
・試料収容量:1.5 mL、バイアル120本
・導入モード:フルループ、パーシャルループ、リミテッド試料、キャピラリ
・自動希釈:1:1~1:1000
機器利用単価
大学・公的機関3,000円/時間
中小企業5,000円/時間
大企業10,000円/時間
問い合わせ先部署
材料分析ステーション
スマートフォン用ページで見る