1. ホーム>
  2. 共用設備検索>
  3. 誘導結合プラズマ発光(分光)分析装置(高分解能型)

共用設備

誘導結合プラズマ発光(分光)分析装置(高分解能型)

誘導結合プラズマ発光(分光)分析装置(高分解能型)
装置名称 誘導結合プラズマ発光(分光)分析装置(高分解能型)
メーカー名 (株)日立ハイテクサイエンス
型番 SPS3520UV-DD
用途 ・金属、セラミックス、有機物など溶液化可能なあらゆる試料の精密元素分析
・公定法分析への対応
・溶液化した未知試料の定性分析
仕様 ・プラズマ観測方向:ラジアル
・分光器:ツェルニ・ターナ型
・検出器:光電子倍増管型
・測定波長範囲:185~850 nm(L分光器)、130~460 nm(第2分光器)
・プラズマ・イオン種:Ar
・プラズマ周波数:27 MHz
・RF出力:~1.6 kW
利用時間単位 時間(1h)
機器利用料金(税抜金額)
  • 大学・公的機関3,000円/時間
  • 中小企業5,000円/時間
  • 大企業10,000円/時間
利用可能形態
  • 機器利用:ー
  • 技術指導:○
  • 技術代行:○
マテリアル先端リサーチインフラの利用 ×
問い合わせ先部署 材料分析ステーション
設置場所 並木地区 研究本館 311号室

※予約状況につきましては、お問い合わせください。

スマートフォン用ページで見る